FC2ブログ

大塚城

                            2016. 4. 17



栃木県鹿沼市にある大塚城は佐野氏の支城の一つで、元亀・天正の頃(1570~92年)に、佐野氏の重臣である大塚信濃守綱利が築いたと言われている。

それ以外の詳細は不明であるが、大塚城の東約4km先には皆川氏の粟野城があり、戦国末期に北条方の佐野氏と皆川氏の間で激しい争奪戦があった事から、佐野氏の最前線基地として築かれたものと思われる。




DSC_9278.jpg
初めての電流デスマッチ・・・。正直ビビる。


DSC_9279.jpg
この山で間違いないのだが・・・とりあえずここら辺から直登してみるか。イノシシ用の檻もあるしね。👈関係ないわー


DSC_9283.jpg
登り始めるといきなり竪堀が現れたぞ。ビックリしたー!


DSC_9286.jpg
それにしても意外と急だ。そんな中にも踏み跡が出ては消えを繰り返している。


DSC_9287.jpg
別の場所にも竪堀があった。


DSC_9288.jpg
ジグザグに登っていたら、上に削平地が見えた。その横にある石積み?・・・かな?


DSC_9291.jpg
その削平された段郭。


DSC_9292.jpg
その上の段郭。


DSC_9295.jpg
そこから東側へ向かうと現れる竪堀。


DSC_9300.jpg
竪堀の先には腰郭が見える。


DSC_9302.jpg
今いる郭の上にある段郭。ここは少し広い感じで、奥に土塁を抱えている。


DSC_9308.jpg
土塁の裏を覗いてみると、ほ~ら堀切が出て来たぞ。


DSC_9310.jpg
堀底に降りてみる。


DSC_9311.jpg
こちらは堀切から東に落ちる竪堀。


DSC_9317.jpg
西側から見た堀切。美しい。


DSC_9320.jpg
そこを登ると、はい、主郭だよ。


DSC_9322.jpg
西下にある帯郭。


DSC_9329.jpg
主郭を北に進んで行くと、出てくる大堀切。


DSC_9330.jpg
堀底から見た主郭の鋭い切岸。見た目以上の急峻さだ。


DSC_9331.jpg
横から見ると・・・あらら、暗くなっちゃった。。


DSC_9334.jpg
2郭から堀切越しに見た主郭。郭が曲がってるのが分かるね。


DSC_9339.jpg
続いて2郭を歩く。


DSC_9340.jpg
中央東側にある窪み。


DSC_9342.jpg
北端は、中央の切れた土塁の形跡が残っているね。


DSC_9345.jpg
その先は・・・眩暈がしそうな程の大堀切。降りるのも危険な程だよ。


DSC_9347.jpg
横から・・・今度は大丈夫だね。


DSC_9349.jpg
その先は緩やかな斜面の中に郭を置いている3郭のようだ。


DSC_9350.jpg
振り返って、先程の堀切と2郭を見る。


DSC_9354.jpg
郭の土塁部分。ハッキリしてるね。


DSC_9355.jpg
ここで持っていた縄張り図は切れてしまっていたのだが、とりあえず先端部まで行ってみる。


DSC_9356.jpg
すると尾根筋が切れて急峻というより崖になっていた。これも大堀切かな・・・。

自然地形にも見えない気がするし、左側の方に山道も見えるから切通しになってるようにも見えるし・・・?分からないな。

ともあれ、ここは降りるのは危険と判断して戻る事にした。


DSC_9359.jpg
帰りに主郭西下にある帯郭を通ってみた。写真には写ってないけど、ここには水道施設があったな。


DSC_9363_2018122915573768f.jpg
主郭の南下の堀切を抜ける。


DSC_9364.jpg
再び急峻且つ藪漕ぎな斜面を降りて無事畑までたどり着いて、ホッとする。


DSC_9365.jpg
畑横には「馬力神」という明治14年製の石碑が建っていた。どういう意味なのかな?

ま、いっか。。👈これが大事。。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント