FC2ブログ

岩崎城

                                2016. 3. 20


岩崎城は葛尾城の西尾根下にあり、村上義清を追い落とした武田晴信により、西側の備えとして整備されたとも云われている。


DSC_7943_20181012193856ede.jpg
葛尾城の主郭南側の堀切まで戻る。


DSC_7879.jpg
その堀切を西側へと降りる。案内板には磯部方面降り口と書いてあるね。


DSC_7947_201810121938574c1.jpg

DSC_7948.jpg
それにしても、人が通ってなさげだな。かろうじて分かるくらいだ。しかし、虎ロープがあるので迷わないけどね。


DSC_7950_201810121939006d4.jpg
コースを外れないように降りてくると・・・お!竪堀発見。。


DSC_7951_201810121941485ac.jpg

DSC_7952.jpg
段郭が何枚もある感じだ。


DSC_7955.jpg
竪堀もまだ見える。


DSC_7959.jpg
この虎ロープが無いと道に迷ってしまう。


DSC_7960_201810121941589f9.jpg
更に、ずんずん降りていく。


DSC_7964.jpg
これは、浅いけど堀切・・・なのかな?


DSC_7965.jpg
やがて尾根道は平らになり、広い郭になった。。


DSC_7966_20181012194336655.jpg
しかし、ここがどこら辺なのかが、いまいち分からない。もしかしてかなり下りてきてしまったのかな・・・。不安だ。。というわけで、この日は姫城へと舵を切って左へと向かってしまったのだった。


DSC_0065_2018101219461134f.jpg
と、言うわけで、この先は別日に行った時の写真を付け足します。先程の広い郭の先は虎口になってる感じだ。(下から見た所)


DSC_0067.jpg
そこを降りると、すぐに綺麗な段郭が雛壇状に並んでいた。


DSC_0068.jpg

DSC_0069.jpg
その先の段郭には、四角形のコンクリート片があるけど、はて何だろう?


DSC_0071_20181012194617431.jpg
そこから、かなり下へ降りていった所に折れ曲がった堀切が現れたので、まずは左側を見る。


DSC_0074_2018101219461904a.jpg
こっちは右側ね。


DSC_0075.jpg
土橋を渡ってから振り返って見た所。


DSC_0083.jpg

DSC_0087.jpg
その先にも巨大な竪堀があった・・・と思う。(写真で振り返る記憶の曖昧さかな) (T_T)


DSC_7968_2018101219433815d.jpg
ここで、先程の広い郭から姫城方面へ向かった話まで戻る。すると石積みが出て来たぞ。


DSC_7969.jpg
木々の隙間から見えるのは姫城で間違いなさそうだな。あちらへ向かって進めばいいんだな。。(遊歩道があるのかと思っていた)


DSC_7970_20181012194341cbd.jpg

DSC_7972_20181012194342925.jpg

DSC_7974.jpg

DSC_7976.jpg

DSC_7978.jpg
その先にも石積み、石積み、石積み。。


DSC_7980_201810121949480a0.jpg

DSC_7981_201810121949490d9.jpg
石積みゾーンを抜けると竪堀が出て来たぞ。


DSC_7984.jpg

DSC_7985_2018101219495489c.jpg
その竪堀の先に現れたのは、この巨大な削平地。テニスコート何面分だこりゃ。


DSC_7988.jpg
そこら辺で、なかなか辿り着かない姫城に焦りを感じて、迷ったら頂上を目指すという鉄則のもとに尾根を目指した。これは途中で出てきた竪堀さんだ。実はこの竪堀は葛尾城の項で出てくる竪堀さんだ。


DSC_7989.jpg
この登りはきつかったな。


DSC_7990.jpg
何とか登りきったところで現れたのは、姫城と岩場から葛尾城を目指した時の合流点だった。とりあえず、ホッとした。(この時はGPSナビをしようしてなかったのだ)



この日は戻る元気もなく、そのまま下山したので、別日の岩崎城から姫城までを追記しておきます。


DSC_0098.jpg
まずは、石積みあたりからです。


DSC_0105_201810121956559f2.jpg
季節が違うと見栄えも違いますな。


DSC_0116.jpg
これは竪堀。


DSC_0112_2018101219565869b.jpg

DSC_0108.jpg
これはテニスコート何面分。後で分かったのだが、この辺り一帯は大段や泉平と呼ばれていて根小屋との事だった。更に鎌倉道も通っていたとの事だ。その事にびっくりした。


DSC_0118_20181012195701c9c.jpg
そんでもって、本来の遊歩道というかルートは、先程の平場の下を通っていたのだった。


DSC_0126_20181012195702845.jpg
そのまま姫城に向かうと更にルートの下に出てくる腰郭は土塁で囲まれていた。


DSC_0136.jpg
更にその先にある平場。


DSC_0129_20181012195705a55.jpg
振り返って見ると竪堀に見えるけど・・・どうだろう。


DSC_0134_2018101219570799f.jpg
その先も平らな郭らしきものが散見するが、もう既に姫城の尾根が見えていた。


new.jpg
そんなわけで、二回目の登城は、しっかりとGPSナビを駆使したので、終始安心しての訪城と相成ったのであった。




と、このまま閉めたいと思ったけど、実は二回目の訪城で居館跡の満泉寺にも寄って来たのでそちらもどうぞ。


DSC_0150.jpg
葛尾城の専用駐車場から城方面を見てみると、濃霧に包まれていた。二度目の訪城は、ほぼこの中を突き進んでいたのだが、初めての山だったら無理ゲーだったな。とても山が広いので絶対に遭難しそうだもんね。


DSC_0151.jpg
さてさて、車を走らせて坂城神社を過ぎてすぐ左側にある満泉寺が村上氏居館跡だ。


DSC_0152_20181013195353747.jpg

DSC_0153_201810131953542c0.jpg

DSC_0154_201810131953552a5.jpg
山門。


DSC_0155_201810131953577fc.jpg

DSC_0156.jpg

DSC_0159_20181013195400f9a.jpg
鐘楼には鯱鉾。


DSC_0162.jpg
村上水軍と同じ・・・。


DSC_0164_20181013195403110.jpg
扁額。


DSC_0167_201810131954051f9.jpg
真ん中に見えるは岩場だね。


DSC_0169.jpg
さてさて、これにて葛尾城の城域を全部回って来たけど、疲れたの一言だ。特に姫城から岩崎城のコースは道を見失わないように慎重に進む必要があるね。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント