FC2ブログ

赤壁城

                            2016. 2. 7


栃木県栃木市にある赤壁城は真名子城とも呼ばれ、宇都宮元網の築城と云われている。

戦国時代には皆川氏の最前線として指呼の距離の宇都宮氏の西方城と対峙していた。

山頂に主郭を置き、尾根筋には曲輪や堀切を配置し、南西に伸びる尾根の先端には巨大な二重堀切を設けている。

西側麓には根小屋という地名が残っているが、これは城に付属する人々の居住地と考えられます。


東側に近接する西方城は、堅固さと同時に侵入してきた敵を防ぐ多くの工夫が為されているが、こちらの赤壁城は自然地形を活かし、堀切・段差といった障害物を多く造る事により、敵の侵入を防ぐという考え方で造られている。(説明板抜粋)



さて、そんなわけでレッツゴー。


DSC_6413.jpg
道幅の広い所に車を置いて、この案内板に従って進む。尚、現在はこの先にイノシシフェンスができてしまったので、この案内板のある道を更に進んだ所にある山へと入る道から登っていけば堀切のところに出るので、そちらから訪城するのがよいだろう。


DSC_6415.jpg

DSC_6416.jpg
墓場のすぐ上には綺麗な縄張り図があった。これは有難い。。


DSC_6418.jpg
山道を登って行くと、堀切アンテナが反応する。


DSC_6419.jpg
これは堀切の東側を見た所。ここに先程説明した道が接続しているのだ。


DSC_6421.jpg
で、横から見た堀切さん。


DSC_6424.jpg
さて、続いて少し登って行くと、再びアンテナが反応する。


DSC_6426.jpg
これは堀切の東側部分。


DSC_6428.jpg
更に少し登ると、これも・・・そうみたいだね。


DSC_6430.jpg
肩もなくなっているので、腰郭みたいだね。。


DSC_6434.jpg

DSC_6436.jpg
更に先に進むと一つ目のピークとなり、南側山頂の防御の説明板がある。出丸といった感じになるのかな。


DSC_6437.jpg
主郭方面に向かう馬の背。


DSC_6438.jpg
馬の背を越えて少し山を登ると横堀みたいな所に出た。


DSC_6439.jpg
これは東側


DSC_6440.jpg
こちらは南側。説明板には半円形の堀切と書いてあった。


DSC_6442.jpg
西側から振り返って見た所。


DSC_6444.jpg

DSC_6447.jpg
半円形の堀切を後にして、ひたすら尾根道を登って行く。


DSC_6449.jpg
もうちょいでピークとなる手前に東へと伸びる横堀のような腰郭があった。


DSC_6454.jpg
そこを進んでみて先端部分の東側を見てみる。


DSC_6455.jpg
再び登山道に戻って登りきったところが主郭・・・ではなかった。。


DSC_6457.jpg
主郭周囲を取り巻く腰郭だったのね。西側にはみどころ案内板があるけど後回し。


DSC_6458.jpg
この登りきった一段上が主郭だ。


DSC_6460.jpg

DSC_6461.jpg

DSC_6462.jpg

DSC_6463.jpg
はい。ここが広い主郭だよん。


DSC_6465.jpg
本来はこの方角で西方城が見えるのかな?


DSC_6467.jpg
みどころである眺望も木々の隙間から観れる程度だが遠くの山の冠雪が寒さを誘う。


DSC_6468.jpg
主郭の北側にある石祠。


DSC_6473.jpg

DSC_6477.jpg
続いて主郭の北西側に延びる尾根を降りていく。


DSC_6481.jpg
郭があるけど笹ド藪。


DSC_6482.jpg
笹薮の中に現れる堀切。


DSC_6485.jpg
笹薮を抜けると現れる綺麗な郭。


DSC_6487.jpg
その先端には横堀状の半円形の堀切さんかな?


DSC_6490.jpg

DSC_6491.jpg
堀底から見たところ。


DSC_6494.jpg
続いて別尾根の北へ延びる尾根筋に行くために笹薮郭の北側へと行く。すると笹薮の中に綺麗な虎口が現れた。


DSC_6499.jpg
北尾根はか細い感じだね。


DSC_6500.jpg
するとすぐに堀切が現れた。


DSC_6502.jpg
どんどん尾根を北へと進む。


DSC_6504.jpg
東下にはゴルフ場が見える。


DSC_6507.jpg
ほどなくして大き目な堀切が出て来たぞ。


DSC_6510.jpg
はい、横から。


DSC_6513.jpg
更に進んでみる。


DSC_6514.jpg
ゴルフ場に人がいたら、きっと何だあれ?と言われそうだね。


DSC_6515.jpg
末端にある堀切はゴルフ場の敷地までつながっていたよ。


DSC_6526.jpg
ここで一挙に主郭南下の腰郭まで戻って、後回しにした方面に進む。


DSC_6527.jpg
西側へと回り込んでから


DSC_6529.jpg
南西へと伸びる支尾根へと進む。意外と急なので降りられそうな所を降りていく。


DSC_6534.jpg

DSC_6535.jpg

DSC_6538.jpg

DSC_6540.jpg
何枚もの段郭群を降りていく。


DSC_6541.jpg
ここで道を見失って左側へと進んでしまった。


DSC_6543.jpg

DSC_6546.jpg

DSC_6548.jpg
しかし、これはこれで幻想的な世界をみてるようだった。


DSC_6549.jpg
谷戸部分にある巨大で綺麗な郭。本来のコースはあの尾根の向こう側のようだ。


DSC_6555.jpg

DSC_6556.jpg

DSC_6559.jpg

DSC_6560.jpg

DSC_6563.jpg
その尾根筋を進むとこの城一番の見どころである二重堀切に出くわした。うーむ見事だ。。


DSC_6564.jpg
二重堀切の東下にある石祠。


DSC_6565.jpg
谷戸部分は巨大な削平地があり館跡なのかな?と思ってしまう。


DSC_6569.jpg
尾根の先端部には小さな神社があった。


DSC_6575.jpg
そこから意外と苦労して平地部分に降りてから城方面を見てみた。


DSC_6576.jpg
車を置いた場所まで戻ると、なるほど根子屋(根小屋)の文字が刻まれているね。。

笹薮があったものの、なかなかいい城だったな・・・と、終わらせないで、後日行った正規のルートをどうぞ。



DSC_0581_20180817171837abf.jpg
左に進んでしまったところを右側へと進む。ちゃんと案内板があったのね。


DSC_0582.jpg

DSC_0583_20180817171840e17.jpg
今度は道をロストしないように気を付けて進む。


DSC_0584.jpg

DSC_0585.jpg
すると石切り場が現れて、近世で真名子石を採掘してたようだね。


DSC_0589.jpg

DSC_0591.jpg
更に進んで行くと、思わずおーーーーー!っと声を挙げてしまう二重堀切さんを西側から拝める事になるわけだ。ありがたや、ありがたや。。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント