FC2ブログ

花園城

                            2016. 1. 17


埼玉県寄居町にある花園城は武蔵七党のひとつである猪俣(いのまた)党の藤田氏の居城と伝えられています。

戦国期になると藤田氏は山内上杉氏の重臣として活躍していましたが、後北条氏により上杉氏が追われると当主であった藤田重利(後の康邦)は降伏し、後北条氏の軍門に降る事になります。このとき、北条氏康の四男・乙千代丸(氏邦)に娘・大福御前を娶らせ、藤田氏の家督を譲っています。そして自らは用土城に居城を移し、用土氏を称しました。名を重利から康邦に改めたのもこの頃とされています。

後に藤田(北条)氏邦は鉢形城を整備拡張して、そちらを拠点としてこの地一帯を統治していきますが、花園城もその支城として機能していたものと思われます。

豊臣秀吉による小田原征伐において鉢形城は籠城戦の末、降伏開城していますが、その時にこの花園城も運命を共にしたと思われます。




DSC_6012.jpg
目指すは、あの山だな。さてさて、どこから登ったらいいのかな。。


DSC_6034.jpg
ウロチョロと探していたら、ここだー!諏訪神社だ。。


DSC_6253.jpg
そんなわけで諏訪神社からアタックした。とにかく背後の山を直登すればいいわけらしいが、少し右側に寄りながら登る。


DSC_6037.jpg
するとこの竪堀が現れる。後はここを只管頂上を目指して登って行く。とはいえ、ここでなくても最近はかなりの踏み跡があり難なく登れるらしいが・・・。


DSC_6040.jpg
この竪堀は同じ太さのまま上まで延びてて美しいな。。


DSC_6046.jpg
上の方まで登ると岩盤もあるね。


DSC_6049.jpg
ここが尾根部分の堀切という事だね。


DSC_6051.jpg
東部分の郭になるのかな?この先をどんどん行ったけど、堀切は無かった。


DSC_6061.jpg
先程の堀切まで戻り、今度は尾根筋を西側へと向かう。するとここは4郭だ。


DSC_6082.jpg
ここは3郭と4郭の間の竪堀。クランクしているのがよく分かるね。


DSC_6088.jpg
クランク部分を上から見てみる。


DSC_6089.jpg
ここが3・4郭の間の堀切部分だね。


DSC_6091.jpg
これが3郭だと思う。。


DSC_6242.jpg
3郭南部分には枡形虎口らしきものがあるのだが・・・。


DSC_6094.jpg
その先の2郭との堀切。


DSC_6098.jpg
竪堀になってる堀底を降りていくと・・・。


DSC_6101.jpg
ここもクランクを入れている。


DSC_6110.jpg
クランクを過ぎると再び竪堀となって落ちる。


DSC_6117.jpg
そこをどんどん降りていくと、竪堀は二重に枝分かれして下まで落ちて行く。


DSC_6121.jpg
左側の竪堀の土塁の切れてる部分から左の腰郭(3郭の下辺り)に行ってみる。


DSC_6125.jpg

DSC_6126.jpg

DSC_6127.jpg

DSC_6134.jpg

DSC_6136.jpg
すると複雑に入り組んだ郭となり、そこかしこに石積みが観られる。


DSC_6144.jpg
再び竪堀に戻り


DSC_6153.jpg
少し登って2郭下辺りの腰郭へと入り込む。するとここにも石積みがある。


DSC_6155.jpg
それにしても、ここら辺は笹のド藪でそれ以上は探せない。


DSC_6161.jpg
そこから上に登ると主郭の東側の堀が見えてきた。けど分かるかな。。


DSC_6163.jpg
堀には降りずに迂回して上に登りきると、笹薮に包まれた2郭だ。


DSC_6165.jpg

DSC_6233.jpg
ここも注意深く探してみると石積みが観られるね。


DSC_6167.jpg
更に西側へ進むと堀切に土橋が架かってる場所に辿り着く。


DSC_6173.jpg
ここが主郭を取り巻く堀だ。


DSC_6174.jpg
思いっきり岩盤を削っているね。


DSC_6175.jpg
それにしても美しい。。


DSC_6176.jpg
主郭へ登る途中から見た先程の岩盤堀切。。落差もかなりあるね。


DSC_6179.jpg

DSC_6182.jpg

DSC_6185.jpg
はい、ここが東西に長い形の主郭だ。


DSC_6187.jpg
主郭のやや西側にある標柱。


DSC_6190.jpg
そこから西側に進むと、ズドーンと落ちて堀切が見える。


DSC_6191.jpg

DSC_6199.jpg
堀切の先も細長い腰郭が段々と続いているようだが、キリがないので止めておこう。(本音は降りていってしまうので戻るのが辛いだけ)


DSC_6200.jpg
そこから主郭を見てみる。


DSC_6194.jpg
というわけで、先程の堀切に戻って堀底からパシャリとな。ここも岩盤を掘削してるね。


DSC_6197.jpg
堀底を南へと進む。


DSC_6205.jpg
主郭の南下にあるクランク部分。


DSC_6207.jpg
その先は竪堀状に落ちて行く。


DSC_6209.jpg
少し降りていくと堀止めかと思いきや、西に直角に曲がりその先で堀は止まる。


DSC_6212.jpg
でも、笹薮なので行くのを止める。


DSC_6213.jpg
先程の堀止めかと思った土塁の先には竪堀が落ちている。はて?ほんとに堀止めみたいだね。


DSC_6221.jpg
ここでクランクした直後の部分まで戻り、主郭下を東へと進む。


DSC_6224.jpg
堀は途中で土橋のような部分があり、更に東へと向かって、その先は北へ向かっている。つまり、主郭の周囲を巡っているという事だね。


DSC_6225.jpg

DSC_6230.jpg
どんどん進んで行くと、主郭に登った岩盤堀切へとたどり着いた。


それにしても真冬に行ったのに、全てを見ることが出来なかった。この素晴らしい山城はもう一度行かないとダメだな。。


花園城
なんちゃって鳥瞰図も貼っておきまーす。



※車を路駐した場所に関しては、保証するものではありませんので自己責任でお願いします。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント