FC2ブログ

岩下城

                                2015. 12. 20




岩櫃城の西側に位置する岩下城は、この地を治めた斎藤氏によって築かれた。斎藤氏は上杉謙信の関東進出の際に幕下に入り、その立場は吾妻地区を代表するものであり、岩下衆と呼ばれていたようだ。

後に斎藤氏は本拠を岩櫃城に移すが、この岩下城も重要な支城として拠点整備したと思われる。

やがて、武田氏が西上野に侵攻してくると、調略を駆使した真田幸綱によって斎藤氏はこの地を追われてしまった。

DSC_4833.jpg
岩島中学校東側から脇道を登って行くと砂利道になる手前のところに車を止められるスペースがあるので、そこに車を置いて左の山に取りつく。


DSC_4834.jpg
季節を間違えるととんでもない城攻めとなりそうだな。。


DSC_4837.jpg
登って行くと数枚の削平された段郭がチラホラしてきた。


DSC_4835.jpg
石積みらしき跡も確認できる。


DSC_4840.jpg
そうこうしているうちにピークとなる。


DSC_4842.jpg
縦長の郭を歩いて行くと、おっ、堀切が出て来たぞ。


DSC_4843.jpg
歩いてきた細長い郭を振り返ってみたよ。


DSC_4845.jpg

DSC_4911.jpg
おー、それにしても美しい堀切様じゃ。。


DSC_4846.jpg
その先のピークの下にある腰郭。。


DSC_4851.jpg
ここがピークの広い郭で、尾根筋は二股に分かれる。


DSC_4849.jpg
その郭からさきほどの堀切を見下ろしてみる。。


DSC_4853.jpg
とりあえず、北へ延びる尾根へと向かう。するとすぐに表れる堀切。


DSC_4856.jpg
うん、こちらも綺麗な堀切だね。


DSC_4859.jpg
更にその先にある堀切。


DSC_4864.jpg
いいねいいねぇ。


DSC_4866.jpg
その先にも堀に見える部分があるのだが・・・。笹薮も出て来たので、ピークの郭に戻る。。


DSC_4875.jpg
ピークの郭に戻ったら、今度は西の尾根筋を進む。すると一段下がって段郭。


DSC_4878.jpg
その先は、この城最大の大堀切が待ち受ける。。


DSC_4882.jpg
はい。当然ながら横からパシャリとな。


DSC_4885.jpg
こちらが主郭の切岸だ。とても急峻で登れないね。


DSC_4890.jpg
少し北へと移動して登ってみると土塁があって、その横には腰郭があるみたいだけど、真冬でもド藪なのね。。。


DSC_4891.jpg
そこから切岸を這いあがって、はい、ここが主郭ね。


DSC_4892.jpg
大堀切側は土塁が盛られているね。


DSC_4895.jpg
土塁の上に登って、大堀切を撮ってみたけど、分かるかな?


DSC_4897.jpg
さて、更に先に進むと一段下がった所に社が見えるぞ。


DSC_4898.jpg

DSC_4899.jpg
なんかこの秋葉神社、こまめに人が来てるようだね。。


DSC_4903.jpg
南側に虎口があるので覗いてみると、なんと階段付の参道が見える。はて?何処かから登れるようだね。。


DSC_4905.jpg
まだまだ郭があるので、更に降りてみる。


DSC_4907.jpg
少し笹薮だが、ここは意外と広い西郭だ。末端から振り返って撮ってみた。


DSC_4908.jpg
その先は急峻になっていたので、これで城旅を終える事になる。。そこから見える景色は良く見えないけど、八ッ場ダムあたりになるのだろうか??



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

グンマーの中でも好きな山城のひとつですネ

お疲れ様です。

この山城、三度ほど出掛けておりまして「一城別郭」の定義が理解できないまでも個人的には飽きない山城ですw
中学校脇の林道を更に進むと分岐になるので、そこの手前で車を捨てて尾根を南に辿ると数分で城域に入れます。

恐らく斎藤氏の本拠地として使われ、斎藤氏が岩櫃に居城を移したのちも重要視され改修と拡張が続けられたと思います。
そうそう、主郭下の神社の参道はどこから登るのでしょうか?地元の方に大事にされているのがわかります。

それにしても、岩下城の対岸にある三島の根小屋城がバイパスの拡張工事で破壊されたのは悲しい出来事でした・・・。

Re: グンマーの中でも好きな山城のひとつですネ

らんまるさん、いつも有難うございます。


なるほど三度も登られているのですね。そして更に奥に行くとそんなに楽に登れるとはさすがです。

「一城別郭」・・・あの大堀切を境にしているのは私でも理解出来ますけど、どっちにしろ片方落とされたら終わりのような気がしますよね。

以前、稲荷城で現地の人が、みなさん真田、真田と言って岩櫃辺りに来るけど、自分にはどうしても斎藤なんだよな・・・と仰られておりましたよ。(さすがジモティー)

三島根小屋城・・・縄張り図も用意しておきながら、なかなか行けず終いでした。この岩下城もログ取りに再訪しようと思いつつ足は長野に向かってしまっているのが現状ですね。w