FC2ブログ

唐沢山城

                                                 2015.7.19


平将門の乱を鎮圧した佐野氏のご先祖の藤原秀郷が940年頃に築城したのが最初と言われているが、最近の研究では15世紀後半頃ではないかと言われている。 戦国期には15代当主の佐野昌綱が10度にも及ぶ上杉謙信の攻撃を持ち堪えて、その堅城ぶりに関東一の山城と賞賛された。

そんな名城を真夏のくそ暑い中、攻めてみたのだった。。




DSC_0304.jpg

DSC_0301.jpg
唐沢山を登り切ったところにある広い駐車場に車をとめて、枡形虎口を抜けて城内に入る。ちょい振り返って見たよ。


DSC_0294.jpg

DSC_0299_20170429155547848.jpg

DSC_0296.jpg
虎口を抜けるとすぐ右側に物見櫓のあった天狗岩があるので、登ってみて眺望を見てみたよ。佐野の街並みがいい感じだね。


DSC_0305_20170429155552fd2.jpg
唐沢山荘の前を通り過ぎて行く。


DSC_0306.jpg
すると左側に巨大な井戸があり、大炊の井と呼ばれている。


DSC_0307.jpg
深さは9m、直径8mで今日まで枯れた事が無いのだそうだ。すごいね。


DSC_0308.jpg
井戸を後にして先に進むと、すぐ右側に天徳丸と呼ばれる郭があり、西城という事になるんだね。


DSC_0309.jpg
今度は左側に目をやると、階段があるので登ってみる。


DSC_0312.jpg
ここが蔵屋敷と呼ばれている広場かな。


DSC_0311.jpg
更に上に行くと、根古屋神社跡となっている。


DSC_0315.jpg

DSC_0316.jpg
再び天徳丸の前まで戻ると、その先は四ツ目堀と呼ばれている大堀切が現れる。


DSC_0318.jpg
もう一度、堀切を見てから先に進む。


DSC_0320_2017042916515365e.jpg
すると左に登る階段があるので、そこを昇っていくよ。


DSC_0321.jpg
すると帯郭となっている。


DSC_0322_20170429165157b54.jpg

DSC_0324.jpg
更に階段を昇ると、広ーい三の丸が広がっていた。


DSC_0325_20170429165159cbe.jpg
三の丸から二の丸の切岸を見た所だよ。


DSC_0327.jpg
続いて、三の丸の左手を昇っていく。


DSC_0328.jpg
すると、いよいよ石垣が姿を現してきたよ。 そして枡形虎口になっているようだね。


DSC_0330.jpg
右を見ると二の丸が広がっている。


DSC_0333_20170429170645bd6.jpg
二の丸の階段上には、本丸がチラ見してるけど、後回しだよん。


DSC_0329_2017042917064229d.jpg
二の丸を後にして、少し戻って本丸下の北側を進む。 すると帯郭となっていて武者詰めと呼ばれている。


DSC_0339.jpg
その先に進んで、本丸東側の堀切を通り過ぎてから振り返って撮ってみた。


DSC_0338.jpg
左側を見てみると、お花畑の長門丸となる。 因みに、お花畑とは薬草という事だそうだ。


DSC_0341.jpg
その先は道になってるけど、堀切でしょうね。


DSC_0342_20170429182759ac9.jpg
そこから次の郭に行ってみると、ロッヂの建つ金の丸となる。


DSC_0346.jpg
その先の郭は広い空間が広がる御姫御殿となり、以前青年の家が建っていたようだ。


DSC_0348.jpg

DSC_0349.jpg
御姫御殿の先もきちんと堀切で切ってるよ。


DSC_0352.jpg
その次の郭は、北郭となっているよ。


DSC_6910.jpg

DSC_6911.jpg
北郭の先は二重堀切で切られているけど、写真だと分かり辛いかな。。


DSC_0356.jpg
その先は、チェーンが掛かっていて行けないようになっているね。。


DSC_0366.jpg
続いて南郭に向かうと途中に井戸があった。


DSC_0369.jpg
南郭に着くと社務所があるよ。


DSC_6892.jpg
更に奥まで行くと・・・。


DSC_6881.jpg
当然、眺めも最高です。


DSC_6884.jpg
南郭の下に降りて塁壁を見てみると綺麗な石垣となっていて、更にここは一つ目堀との事だ。


DSC_6886.jpg
そして、その先は物見櫓があったようだ。 更にさきにも堀切があったけど、藪に包まれていた。


DSC_0371_20170429192804674.jpg
南郭を後にしていよいよ本丸へと向かう。


DSC_0372.jpg

DSC_0374.jpg
ここが本丸となり、中央には藤原秀郷公を祀る唐沢山神社が鎮座する。


DSC_0375.jpg
本丸を降りて南側に回り込むと、立派な石垣が高く積まれてる。


DSC_0379_2017042920095401e.jpg
石垣の前は、表御殿と呼ばれているとの事。


DSC_0381.jpg
更に下に降りて桜の馬場。


DSC_0387_20170429200957932.jpg
その下の方にあるつつじが丘というのを見て、一通り見れたかなと思うので城旅を終えたのであった。  

佐野昌綱は、謙信に攻められる度に降伏したらしいけど、よく殺されなかったもんだな、と駆け引きのうまさに只々感心するのであった。       
                   終わり








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント