FC2ブログ

増尾城

                             2016. 7. 17



千葉県柏市にある増尾城は戦国時代後半の築城形態を残しているが、当時の資料が残っていないので城主や築城の目的などは詳らかではない。

しかし大正11年刊行の「土村誌」には、この山を城山と呼んでいた事、同12年に編纂された「東葛飾郡誌」では戦国時代、当地は小金領にあり小金城(松戸市)を本拠とする高城氏の家臣平川若狭守が城主であったと推測している。




DSC_7060_20190921164052130.jpg
現在は増尾城址総合公園として整備されている。


DSC_7063_20190921164054d78.jpg
南東下の低地部分から散策しようと思ったけど、すぐ近くに駐車場がある事に気付き移動する。


DSC_7064.jpg

DSC_7066.jpg
城の南西側には道路沿いに立派な専用駐車場があった。嬉しいかぎりだ。


DSC_7067.jpg
そこからダイレクトに城内に入れる階段があるのだが、折角なので正面から堂々とはいる。 


DSC_7069.jpg
これが城址公園の西側正面だね。


DSC_7070_20190921164050f00.jpg
そこから入ると、さっそく薮蚊のいそうな雰囲気を醸し出している。


DSC_7073.jpg

DSC_7075_20190921164259588.jpg
右に進んで行くと城跡のようだね。


DSC_7076.jpg
お!すぐに堀が出てきたぞ。


DSC_7079.jpg
ここは副郭の西角部分だね。


DSC_7077_20190921164302224.jpg
北側の堀。


DSC_7078_20190921164304cee.jpg
南西側の堀。


DSC_7086_20190921164427fba.jpg
南西側の堀底を進んで行くと折れの部分を通る。


DSC_7084_201909211644241ad.jpg
その先は駐車場から上がってくる階段の所に出た。


DSC_7085_20190921164426ff8.jpg
すると階段を昇ってくる子供たちの声が聞こえ、この堀底を通っていった。どうやら通り道になっているようだね。ここは住宅街にある城址公園・・・普段山の中の城跡ばかり行ってるせいか妙な違和感を感じてしまうな。


DSC_7164.jpg
続いて上の写真の矢印に従い南東へと向かう。


DSC_7165.jpg
これは先程の折れの部分の櫓台だ。


DSC_7088.jpg
虎口を抜けると・・・


DSC_7090.jpg
かなり広い郭の副郭となっている。


DSC_7092.jpg
郭は土塁が南以外を囲繞している。


DSC_7093_201909211644231b5.jpg
これは北東の主郭方面。右側の切れ目が虎口となっている。


DSC_7095.jpg
北側の土塁上から下を見下ろす。


DSC_7096.jpg
更に西側の土塁上から下を見下ろす。


DSC_7099.jpg
副郭の西側にある説明板。


DSC_7102.jpg
櫓台。


DSC_7105.jpg
次は東に向かい主郭を目指す。これは虎口だ。


DSC_7106.jpg
右に目をやると竪堀が落ちている。


DSC_7112_20190921164901ec9.jpg
主郭に入ってすぐ左側の土塁を見た所。


DSC_7113_201909211649039d8.jpg
こちらは右の南側。主郭も南側は土塁がない。もしかしたら川の流れにより崩れ落ちているのかもしれないな。


DSC_7114.jpg
主郭はセンターの遊歩道以外はロープが張られている。山野草でも保護しているのだろうか?


DSC_7115.jpg
少し進んでから虎口方面を振り返ってみる。


DSC_7116.jpg
南東側の大津川の支流方面を見下ろす。


DSC_7118.jpg
東の先端部分から降りる階段があるので行ってみる。


DSC_7128.jpg
降りた所は主郭北側の堀?帯郭?のようだね。西方面へと向かう。


DSC_7129_2019092116504871d.jpg
北側は浅い谷となっている。


DSC_7133.jpg
堀?帯郭?は折れながら続いている。


DSC_7135_201909211650515c3.jpg
その辺りで谷部分をチラ見。


DSC_7137.jpg
これはしっかり堀だわね。


DSC_7140_201909211650428d0.jpg
途中で見える階段は副郭へと続いている。


DSC_7144.jpg

DSC_7149.jpg
そのまま堀底を進んで行くと最初に見た堀部分へと出たので終わりにしようとしたが、谷を挟んで台地部分が見えたので行ってみる。


DSC_7151.jpg
これは浅い谷へと降りて行く道・・・かな?


DSC_7152.jpg
その先の道は最初細いけど


DSC_7154.jpg
すぐにまとまった広さの場所に出た。


DSC_7156_201909211653123f9.jpg
そこから浅い谷を挟んで城を見てみた。


DSC_7157_20190921165534dbc.jpg
ここには東屋もあり森林浴するにはちょうど良さそうな感じがする。ただし城域なのかは分からない。


そんなわけで軽く見て廻れたのでこれにて城旅を終えることにした。

ところでウモ先生が縄張り図を描く練習をするならこの増尾城がいいと言っていたのを思い出したよ。なるほど軽く回っただけで頭に残りやすい縄張りだった気がする。(私が描けるのかは別の話だけど・・・)




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

地域の生活空間に馴染んだ公園ですね

こんばんは。

南関東の城には全く疎いし知識もなくてどうしよう?ぐらいな感覚ですが、段丘に突き出した崖渕城という認識でしょうか。
僅か数ヶ所ではありますが、静岡の城巡りでもだいたいが、こういう感じの城が多かったと記憶しています。

公園として市民生活の一部になっている城址、良いと思います。

血なまぐさい軍事拠点としての城址を語るくらいなら、「その昔はお城だったんだよ!」ぐらいなノリが丁度いいかと。

小生も常に反省するのですが、「写真をツラツラ並べたら立派なブログか?」とお叱りを受けます。

ポイントを抑えた写真2~3枚でも充分伝わるような気もします。現に写真撮影枚数の少ない城跡では有効活用するしかありませんもの(笑)

可児市の山城サミットと地元で行うプレ山城サミットが終わる11月中旬までは我ら信濃先方衆は多忙な日々が続きそうです。
我らも十年一区切りなので、12月からは初心に戻って信濃ツアーをリスタートしたいと思うですが、さてどうなる事やら・・(笑)

らんまるさん、いつもお世話になってます。m(__)m

こんにちは。

川や湿地帯へ張り出した台地部分を城として使うのは定石なのですかね。背後はそのまま要害として使えますもんね。

城址公園と聞いただけで綺麗に整備され親子連れがいるイメージになってしまいますね。たしかにその方がいい気がします。

私のブログでは常に同じような写真をダラダラ繋げてしまい、いつも心苦しい思いをしています。(;^ω^)

文章で補えればいいのですけど、どうも説明下手で・・・トホホ

サミットに次ぐサミットとは・・・忙しそうですね。。体にお気を付けて頑張って下さいませ。。

私は常に初心者に戻りすぎておりますよ。(T_T)

らんまるさん、ていぴすさんの信濃先方衆・・これからも益々のご活躍を期待しております。そしていつでも誘って頂ければ有難いです。