FC2ブログ

江田館

                            2015. 6. 15



群馬県太田市新田上江田町にある江田館は上江田城とも呼ばれ、中世の武家屋敷跡を利用し戦国期に城郭化した城と云われている。

屋敷を構築したのは新田義重の孫・得川下野守頼有であるという。14世紀には新田氏庶子の世良田氏さらにその庶子である江田三郎行義の屋敷となっていたようだ。江田行義は新田義貞の鎌倉倒幕挙兵に従い中国・四国まで転戦している。

15世紀には金山城主となった横瀬氏(後の由良氏)の四天王・矢内四郎左衛門が屋敷を改修・拡張し城郭化したものと思われる。

天正12年(1584)、後北条氏による金山城攻めの際に反町城に先んじて落とされたという。


と、そんなわけで・・・

恐らく・・・

現在600程攻めている城の中で一番多く訪城している城だと思う。。



DSC_1264.jpg
西側から見た江田館。


DSC_1267_2019072113012079b.jpg
南側の駐車場から見た館。ここに土橋が架かり平虎口が設けられている。


DSC_1268_20190721130121c33.jpg
大きな説明板は訪城者も嬉しい。


DSC_1270_20190721130123df9.jpg
南側の東西に伸びる堀、西部分。


DSC_1271_2019072113012449d.jpg
こちらは東部分。ここはいつ行っても水が溜まっている。


DSC_1273_201907211301266b2.jpg
館内部のやや西側。


DSC_1274_20190721130127726.jpg
こちらはやや東側。

と、ここまでは草ボーボーの館跡を披露したけど、どうせなら水を湛えた堀の写真をupしたいと思います。




DSC_9074.jpg
大雨が続いた後の南西隅の堀の写真。この部分にも水が溜まっていた。


DSC_9075.jpg
先程upした南側の堀。


DSC_9076_20190721130325bb5.jpg
西側の南北に延びる堀は折れを入れていてこの城郭で一番美しい場所だと思う。


DSC_9077.jpg
その堀の西側部分の広い郭。


DSC_9088.jpg
折れの部分を土塁から見下ろしてみた。う、美しい。


DSC_9089.jpg
逆からも撮ってみた。


DSC_9091.jpg
折れの先の堀。ここまで水が溜まるのは年に数度だと思うな。


DSC_9093_20190721130515a03.jpg
館の北西隅にある祠。


DSC_9095.jpg
北側の堀。


DSC_9096.jpg
振り返って見た西側の堀と土塁。


DSC_9097_20190721130519301.jpg
北西隅から見た郭内。


DSC_9100_20190721130521c90.jpg
郭東に移動して北側の土塁を見る。


DSC_9102_201907211305221f7.jpg
東側の折れ部分。水の切れ目が土橋として浮き上がり、こちらにも虎口があって土橋を越えると黒沢屋敷(郭)へと繋がる。


DSC_9106_201907211307017c2.jpg
そこから南側を見てみる。


DSC_9107.jpg
少し南下してから折れ部分を振り返ってみる。


DSC_9108_20190721130704976.jpg
南東隅部分。最初に言ってた平常時でも水が溜まってる部分だ。


DSC_9109.jpg
これで館部分を軽く一周したので、もう一度南西部にある折れを撮る。素晴らしいね。


DSC_9110_201907211307074a4.jpg
続いて西の郭の端まで行って高低差を見てみる。


DSC_9112.jpg
横から見た高低差は4m程あり、低い方は石田川が形成した低地部分となり現在は水田が広がっていた。



ここで館跡(本丸)を離れて拡張された郭部分に行ってみる。


DSC_9131_201907211308563a6.jpg
郭はこんな感じで展開されていたようだ。


DSC_9116.jpg
史跡巡りコースに進めば毛呂屋敷と柿沼屋敷方面となる。


DSC_9084_201907211303318a4.jpg

DSC_9086.jpg
この先の左側が毛呂屋敷で右側が柿沼屋敷だ。


DSC_9117_20190721130712cc6.jpg

DSC_9119_201907211307131b5.jpg

DSC_9120.jpg

DSC_9121_2019072113085135d.jpg

DSC_9082_201907211303287bd.jpg

DSC_9083.jpg
毛呂屋敷の周りには堀や土塁も確認されたが・・・どこら辺だかよく覚えていない。笑 更に現在でも住宅地になっているので過度な詮索は注意が必要だ。




さて、冒頭に何度も行ってると言ったので選りすぐりの写真をupして終わりにしようか。

1.4
DSC_8757_2019072113100011b.jpg
南西隅


DSC_8758.jpg
南の平虎口


DSC_8759.jpg
城の西側台地と低地



5.16
DSC_1947.jpg
この日も水が溜まってた西の折れ


DSC_1952_201907211311087a0.jpg
同じく東の折れ



5.16
DSC_9603_20190721131204f3c.jpg
南の平虎口


DSC_9596_201907211311535de.jpg
西の折れ。普段はこんな感じで水が無い。


DSC_9597.jpg
南の堀


DSC_9599.jpg
館内の西側


DSC_9600.jpg
東側


DSC_9601_20190721131201d5e.jpg
最後は東の堀



江田館は頻繁に草刈りされているので夏でもタイミングが合えば綺麗な写真が撮れる。近くには反町館もあるのでセットでどうぞ。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント