FC2ブログ

岡城

                            2019.. 4. 21


長野県上田市にある岡城は武田信玄の家臣、馬場美濃守信房の縄張りにより、天文年間末に築城されたと考えられる。

内堀・外堀の外に武田氏独特の三日月堀のある大規模な初期の平城である。

天文22年(1553)村上義清の葛尾城(坂城町)を落としてから、永禄3年(1560)松代に海津城を築くまでの6年間、武田勢の川中島進出の貴重な前線基地であった。


城の規模は東西460m、南北365m、面積約7万5千㎡である。三か所の三日月堀をはじめ、内堀、外堀の大部分が埋められて田や住宅地に変わってしまったが、いまだに旧形をたどる事が出来る。             

                                                              <現地説明板より抜粋>


岡城は三回ほどの訪城となったけど、一度目の写真がどこにもない、ない、ない。

2度目は雨だったし・・・・。

なので一番新しい写真となってしまいました。しかも信濃先方衆のらんまるさんとていぴすさんの案内なので事細やかに回れました。。サンクスでした。m(__)m



DSC_6130[1]
これが縄張り図ですな。


DSC_6129.jpg
現在地と書かれた場所からスタート。


DSC_6124.jpg
東の脇道を進むと三日月堀跡の面影が残っている。


DSC_6130.jpg
再び現在地に戻って岡城公園に入る。入り口にある説明板。


DSC_6131.jpg
お隣には標柱が建っている。


DSC_6133.jpg
園内は桜が真っ盛りだった。そんでもってここは二の丸の土塁部分という事になるね。


DSC_6134_20190608171021b77.jpg
ひと際高い土塁は櫓台で横矢を掛けている感じだね。その南側を進む。


DSC_6135.jpg

DSC_6136_201906081710137ee.jpg
高土塁上から見た外堀。


DSC_6137.jpg
高土塁中央には東屋があるね。


DSC_6139.jpg
土塁を降りて南の団地へと進む。


DSC_6140.jpg
すると二の丸井戸跡がある。縄張り図にも載ってるね。


DSC_6142.jpg
これは内堀の東の部分だ。南へと伸びて浦野川へと向かっている。


DSC_6145.jpg
そこから北へ向かう。東を見ると先程いた岡城公園が見える。


DSC_6146.jpg
その辺りから北を見ると馬出の跡だが言われても分からない感じだね。この道部分が土橋になるのかな?


DSC_6147.jpg
次は西へと進む。この道路は外堀の跡という感じだ。


DSC_6149.jpg
ちょっと進んで振り返ると右に小さく土塁と堀の名残があるのが分かるかな?


DSC_6151.jpg
土塁越しに東を見ると内堀まで見える。


DSC_6156.jpg
西にあったであろう馬出部分は完全消滅していた。ここは城の南の段差部分で下段は浦野川が流れていたと思う。現在はあの車の向こうを流れている。


DSC_6157.jpg
その辺りから北を見ると内堀が綺麗に残っているね。


DSC_6159.jpg
堀底から見るといい感じだね。


DSC_6160.jpg
ここにも縄張り図入り説明板が設置されていた。


DSC_6161_20190608171651684.jpg
団地内部に入るとこっそりと井戸跡の看板が建っている。しかし生活されている方もいるので長居は無用だ。


DSC_6162.jpg
そこから北に進むと内堀の北側部分がこれまた綺麗に残っているではないか。


住宅地にある城跡は消えゆく運命だと思うけど、見事に共存してるね。しかし住宅地で写真をパシャパシャ撮るのはどうも苦手だよ。。というわけでこれにて退散だ。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント