FC2ブログ

保渡田城(ほとだじょう)

                                   2016. 6. 12


群馬県高崎市保渡田町にある保渡田城。

上野侵攻を進めた武田信玄により永禄9年(1566)9月29日箕輪城は落城、信玄は箕輪城代を浅利信種としましたが、永禄12年の三増峠の戦で戦死、後任の内藤昌豊は保渡田砦を改修して居城、西上野支配の拠点としました。

その昌豊も天正3年の長篠合戦で戦死、養子の昌明が箕輪城代となりますが、後に中川武蔵守に攻められ自刃したと伝えられています。

保渡田城の遺構は本丸(北部公会堂)の櫓台跡(天主山)や堀跡、ニノ郭(北城)の土塁や堀跡が残っています。
                                                                     (現地説明板より)

お勉強済ませたらレッツゴー!

と言っても、こういった住宅密集地の訪城はいつまで経っても慣れない山猿な私だ。。




保渡田城 群馬
まずは現地の保渡田北部公会堂にある案内板の縄張り図を見て貰おう。


DSC_1086_201906052015453df.jpg
①から西を見たところ。ここは堀跡なんだね。


DSC_1088_20190605201546076.jpg
そこからちょいと北に進んで塀越しに西を見ると見事な土塁が残っているね。


DSC_1093_20190605201549ca7.jpg
続いて北に向かって③から南を見てみる。U字溝の中を小さなせせらぎが見えるがここも堀跡で往時を偲ばせるね。


DSC_1095_20190605201551d38.jpg
ここで一挙に本丸下に行ってみる。天子塚古墳・・?


DSC_1097_20190605201552fea.jpg
石碑だらけ・・・。


DSC_1099_20190605201554f2e.jpg
ここは櫓台という事だね。なんとなく高低差が分かるかな?


DSC_1100.jpg
櫓台から南側の畑横にある堀跡を見下ろして城旅を終わりにしました。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント