FC2ブログ

春日山城

                            2016. 6. 5




新潟県上越市にある春日山城。

言わずと知れた上杉謙信の居城だ。築城年は定かではないが、長尾高景が築き、為景が近代的な城郭に発展させ、謙信が整備・拡大させたと云われている。

城の規模は尾根筋約1km、1000㎡の曲輪が12もある広大な城で、謙信はこの城を拠点に信濃では武田氏、関東では後北条氏と熾烈な戦いを繰り広げ、更に西から領土を拡大してくる織田氏との決戦を控えた矢先に急逝してしまった。

謙信の急逝は二人の養子の家督争いを生み、それはやがて上杉家中を二分する程となり更に近隣の諸大名を巻き込む巨大な争いへと発展していった。(御館の乱)

と、説明はこんなところで、さっさか行きましょね。(*^^*)


DSC_0178_20190411201417e58.jpg
否が応でも盛り上がってくる現場。


DSC_0181.jpg
ついに新潟入りしてしまったなぁ。


DSC_0184_201904112014225e7.jpg
うーむ、素晴らしい。。け・ん・し・ん。個人的に戦国最強だと思う。


DSC_0188_201904112014231b4.jpg
分かりやすい案内図。


DSC_0189_20190411201425719.jpg
ここを左に進むと大手道という事だけど、今回はパスで。。


DSC_0193_201904112014267c5.jpg
そんなわけで、車でまっすぐ進んで春日山神社の真下に駐車場からアタックする。


DSC_0197_20190411201415507.jpg
階段を颯爽と上って春日山神社の境内へ。


DSC_0203_20190411201640090.jpg
ちょいと本殿の中をチラ見する。


DSC_0214_201904112016430aa.jpg
神社を後にして左に進んでみる。すると見覚えのある場所へ。


DSC_0219_20190411201645ee2.jpg
謙信が睨みを利かす。・・・どこをみてるのだろう?


DSC_0222_20190411201646d8a.jpg
そこから本丸方面を見てみる。


DSC_0226_201904112016498c9.jpg
お、分岐があるけど・・・もう少し先に進んでみる。


DSC_0227_201904112016511d4.jpg
ここが2016.7.27頃に土砂崩れになった場所だね。


春日山城 土砂崩れ
こんな感じになったようだ。(上越タウンジャーナルより) 


DSC_0228_20190411201639fae.jpg
更に少し進んだ辺りから謙信公の銅像がある茶屋を振り返ってみる。


DSC_0237.jpg
さて、この辺りを登ってみようかな。


DSC_0239_201904112020456a1.jpg
すぐに甘粕さん宅。


DSC_0243.jpg
その上は広い三の丸だ。


DSC_0244.jpg
奥には上杉三郎屋敷跡jとあるね。という事は本丸から景勝が鉄砲を撃ってたのは、ここだという事か・・・。


DSC_0245.jpg
遊歩道の右側は土塁が付いた米蔵となってる。


DSC_0248.jpg
上から見た全体図。


DSC_0258.jpg
更にそこから少し登ると現れる二の丸。


DSC_0259.jpg
眺望は頗るよろしい。


DSC_0271.jpg
更に遊歩道を本丸方面を後回しにするように進む。


DSC_0273.jpg
上杉景勝屋敷の堀切。


DSC_0276.jpg
御成街道と書いてあるね。


DSC_0279.jpg
そこから更に下を目指すとかなり大き目な郭が見える。


DSC_0281.jpg
草に隠れているけど堀も凄そうだ。


DSC_0313.jpg
堀は長く延びてる感じで横堀みたいに見えるね。

DSC_0285.jpg
ここは重臣の柿崎和泉守の屋敷跡。


DSC_0289.jpg
更に下に降りて行く。


DSC_0295.jpg

DSC_0297.jpg
降りて行くとあちこちに削平された広い郭があるが、この辺りはみんな屋敷跡なんだろうね。


DSC_0298.jpg

DSC_0301_20190411202532ab3.jpg
最後はかなり広ーい南三の丸。


DSC_0306_20190411202754b80.jpg
少し下にはカメワリ清水なるものがあった。


DSC_0324_201904112028009dd.jpg
ここで一挙に御成街道の看板の所まで戻る。


DSC_0328_201904112028011b8.jpg
堀切を登って行き更に左に向かう。


DSC_0334_20190411202957b2b.jpg
はい、上杉景勝屋敷跡。


DSC_0339_20190411203000119.jpg

DSC_0340_201904112030019b9.jpg
奥から見るとこんな感じだ。


DSC_0341_20190411203003e76.jpg
続いて上の郭へと向かう。


DSC_0343.jpg
ここでも堀切。


DSC_0351.jpg
右側に登ると鐘楼址。


DSC_0347_20190411203007711.jpg
そこから先程の景勝屋敷を見下ろしてみる。


DSC_0353.jpg
続いて堀切を越えて上の郭に向かう。


DSC_0360.jpg
ここには巨大な井戸があるね。


DSC_0358.jpg
場所的にはこの辺りだ。案内図があるのはとても助かるね。


DSC_0363.jpg
上の郭に向かう堀底状の通路があるのだが、油流しと標柱がある。もしもの時は油を流して登れなくするのかな?


DSC_0367.jpg
そして上の郭を目指す。


DSC_0371_20190411203435954.jpg
登って右を見ると天守台となっている。


DSC_0374_201904112034380fd.jpg
先端部。


DSC_0378.jpg
眺めはサイコー!


DSC_0384.jpg
下を見ると二の丸が見えるね。


DSC_0386.jpg
天守台を後にして本丸へと向かう。


DSC_0387_20190411203446f69.jpg

DSC_0388_2019041120343419a.jpg
空気が澄んでればこんな感じで見えるんだね。


DSC_0389.jpg
全然違うね。


DSC_0392_20190411203648d82.jpg

DSC_0395_2019041120365146a.jpg
というわけで、本丸を取ったぞー!


DSC_0396_20190411203652372.jpg
本丸の先は何やら一段下に東屋があるではないか。


DSC_0398_20190411203654842.jpg
直接は降りられないので遊歩道を進む。


DSC_0399_20190411203655697.jpg
と、その前に本丸を振り返ってみる。謙信公卒去後にいち早く景勝公はここを占拠したんだね。


DSC_0401_20190411203657ab1.jpg

DSC_0404_2019041120364525f.jpg
降りてきてビックリしたー。休憩所かな。


DSC_0405_201904112039037ee.jpg

DSC_0407.jpg
その横の高まりには護摩堂址とあるね。


DSC_0409.jpg
更にすぐ横には諏訪堂址。


DSC_0411.jpg

DSC_0414.jpg
そこから更に一段下がった所にある毘沙門堂。


DSC_0415_20190411203912488.jpg
不識院址になってるね。


DSC_0417_201904112039022ad.jpg
先に進む。


DSC_0420.jpg
ここはお花畑となっているけど、お花を愛する武将というわけではなく、薬草を栽培した場所という事だろう。


DSC_0425_20190411204117c7e.jpg
そこから、さっきの毘沙門堂を見てみる。


DSC_0426_201904112041187ee.jpg
下の茶屋方面を見下ろしてみた。この辺りが崩れたんだね。


DSC_0428_201904112041207cd.jpg
更に下へ向かう。


DSC_0431_2019041120412351b.jpg

DSC_0432_20190411204111813.jpg

DSC_0433.jpg
直江山城守宅址となる。


DSC_0439.jpg
その先は急坂を九十九折に降りて行く。


DSC_0441_20190411204421be9.jpg

DSC_0443.jpg
降り切った所で虎口となり説明板もあった。


DSC_0444.jpg
この道を行くと二の丸方面のようだ。


DSC_0445_20190411204426dcb.jpg
途中まで進んで下を見てみる。下には訪城者が見えるね。


DSC_0448_20190411204711cac.jpg

DSC_0452.jpg
先に進むと現れる堀切。


DSC_0455.jpg
その横には平場があり、上杉少弼入道宅址となる。


DSC_0458.jpg
そこを降りてくると千貫門跡となる。


DSC_0460_201904112047180cc.jpg
横に進むと、先程見た堀切から降りてくる道。


DSC_0462.jpg
更に一本下にも堀切があり、こちらは塹壕址となっていた。


DSC_0464_201904112047212f6.jpg
かなり深い感じだね。


DSC_0476_20190411204907234.jpg
遊歩道を更に降りて行くと左手に見える藪は中城だったり、右近畑辺りとなるようだね。


DSC_0477.jpg

DSC_0478.jpg
最後にお屋敷跡とあるので、途中まで行ったら平場が見えたので写真をパチリと撮って終わりにした。こうして初新潟入りの一発目は、もちのろんの春日山城を早足で回ったのであったー。とても素晴らしかったのは言うまでもないね。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント