FC2ブログ

大明神山の砦(だいみょうじんやまのとりで)

                            2016. 5. 15



群馬県高崎市倉渕町にある大明神山の砦。

駒形城とも呼ばれ、戦国末期、真田昌幸が後北条勢の侵攻に備えて築かせたもので、烽火台としての役割をもっていたものであるという。



DSC_9498.jpg
東側を流れる烏川。小栗上野介処刑場、更にこの川を下って行くと高崎城や神流川合戦の地などがあり、歴史好きは震えるぅ・・・だね。(*^^*)

というわけで、あの山が砦跡だ。


DSC_9502_2019021918190478d.jpg
麓にある浅間神社の下にある縄張り図。あるだけ素晴らしい。。


DSC_9504_20190219181906605.jpg
参道を上ると、浅間神社・・・だけど、写真が無かった。(T_T)


DSC_9505.jpg
境内にある案内図。


DSC_9507.jpg
神社裏から登り始めると、岩壁が見えてくる。


DSC_9510_20190219181913c48.jpg
ここを登るのは不可能だね。


DSC_9512_201902191819023dc.jpg
岩盤はワイヤーで雁字搦めだけど、崩れ易いのかな? それはそうと、ここは今現在通行止めになってしまったと風の便りで聞いたけど・・・確認は取れていない。


DSC_9514_20190219182050a6b.jpg
遊歩道はやがて堀切に辿り着いて、ここは濠内道になっているようだ。


DSC_9515_2019021918205224d.jpg
そこから折り返すように上の段に向かって登る。


DSC_9516_20190219182053c0b.jpg
すると主郭下の堀切に辿り着いた。ここも濠内道だ。そして左側が二郭だ。


DSC_9520.jpg
そこを登りきると、はい、主郭。


DSC_9522.jpg
北側の先端部。


DSC_9526.jpg
そこから振り返って見た主郭。


DSC_9527_201902191821011d7.jpg

DSC_9528.jpg
中央部分には説明板が二枚あるね。いつものように写真だけ撮って読まない。


DSC_9529.jpg
主郭南側には土塁があり、そこの開口部に遊歩道が接続している。しかし、本来の虎口はここでは無くて西側にあるようだ。


DSC_9531_20190219182323db6.jpg
最初に辿り着いた堀切は、西から北に竪堀調に延びて下に向かっている。


DSC_9539.jpg
その堀切下の堀切。


DSC_9540.jpg
更にもう一つ下の堀切。


DSC_9547.jpg
帰りに遊歩道から見た城郭。

これにて帰りの途に就いたのだが、やはり、ここも合ってるかどうかが不安なのだ。(それでもupする勇気・・・というよりいい加減さかな。。)




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント