FC2ブログ

秋葉城

                            2016. 5. 1





栃木県栃木市鍋山町にある秋葉城は不摩城とも呼ばれ、仁安二年(1167年)下野の豪族藤原秀郷の9代目・家綱の七男戸矢子(部屋子)七郎有綱が本城唐沢城の北の守りとして築城した。

蓬莱山の天険を背にした階廊型の土塞と峰つづきを堀割で切り、又前方を流れる永野川東岸山麓に、支城・藤沢城を配していた。

麓の根古屋には初代有綱が唐沢城に移った後、2代木村五郎信綱、三代木村政綱が住み、文応年間(1260~61年)には、島津大隅守盛忠が城主となったが、その後慶長十九年(1614年)佐野城と共に廃城となった。

その間の城主は定かでない。秋葉神社は守護神として建立され、廃城後は根古屋の氏神となっている。

                                                   昭和五十四年五月建之『不摩城の由来』より。





DSC_9602.jpg
どうやら一番手前の山が城跡のようだ。見た感じ結構急峻そうだぞ。


DSC_9603.jpg
不摩城という名前で探してたんだけど、秋葉城という名前もあるんだね。


DSC_9608.jpg
山の麓に近づいてみると、駐車場が無い、スペースも無い。・・・しかし私の車は軽なので、入口に無理矢理止めたよ。


DSC_9609.jpg
秋葉神社があるから秋葉城なのかな?つまりここが参道のようだ。楽勝楽勝。


DSC_9611_201902061810175f9.jpg
なんて思っていると、いきなり害獣防護柵。初めて見ると立入禁止だと思うやつだ。


DSC_9613.jpg
あらら、ここにはご丁寧に説明文が付いてる。こういうのは嬉しいよね。


DSC_9615_20190206181020707.jpg
柵を開けて中に入ると、かつては綺麗な参道になっていたんだろうと思える感じだ。


DSC_9616_20190206181021d83.jpg
更に登って行くと、沢とコラボして参道がズブズブ状態になった。長靴で来て良かったー。


DSC_9618.jpg
少し登って行くと右に郭らしきものがある。更にその上辺りに右に進む山道が見えてきたので、そちらに向かう。


DSC_9627.jpg
道をどんどん北東側へ進んで行くと、竪堀が現れたぞ。


DSC_9626.jpg
下から見ると、ホラこの通り・・・って、意外と大きいのに伝わらない辛さだよ。(T_T)


DSC_9630.jpg
更にどんどん先に進むと、段郭に辿り着いた。


DSC_9631.jpg
下を覗いてみると、更に段郭が続いているようだ。


DSC_9633.jpg
さてさて、道が無くなったので、上にも続く段郭を直登していこうか。。


DSC_9637.jpg
はい、段郭。


DSC_9641.jpg
こちらは帯郭かな。


DSC_9643.jpg
この上はちょいとしたピークになってるみたいだから主郭かな?


DSC_9650.jpg
そちらは後回しにして南側に回り込む。すると竪堀が現れて、下で横切ったやつだね。


DSC_9655.jpg
真上から見ると、こんな感じ。


DSC_9661.jpg
竪堀の基部は小さな横堀みたいな感じになってる。


DSC_9664.jpg
その横堀を辿って行くと、すぐにまた別の竪堀へと繋がっていた。


DSC_9668.jpg
こっちは上から撮っても少し藪になってるので分かりづらいね。


DSC_9670.jpg
横堀部分を横から。


DSC_9671.jpg
ここから直登して主郭へと這い上がる。まさにこの表現がピッタリのような直登だった。


DSC_9672.jpg
主郭から先程の竪堀・横堀部分を見下ろしてみた。


DSC_9676.jpg
綺麗に削平された主郭を奥へと進む。


DSC_9678.jpg
すると土塁が現れた。


DSC_9680.jpg
土塁の先は・・・はい、堀切!


DSC_9686.jpg
いい堀切してますなぁ。。


DSC_9688.jpg
両端もいい感じで竪堀になってる。


DSC_9690.jpg
2郭に登ってから振り返ってみる。


DSC_9693.jpg
2郭。


DSC_9694.jpg
先の方に何か見えるぞ。


DSC_9696.jpg
あら、その手前に堀切。


DSC_9698.jpg

DSC_9699.jpg
先程のよりは浅い感じだね。


DSC_9704.jpg

DSC_9705.jpg
こちらも両側はきちんと竪堀っているね。👈なんだその表現?


DSC_9707.jpg
そんで、はいここが3郭だ。祠があるけど、ここが秋葉神社という事になるのかな。


DSC_9718.jpg
その祠の裏には土塁があって、その先は・・・これまた深ーい堀切だ。こんな場、降りられねー。


DSC_9721.jpg
と思ったら、南側に道らしきものが付いてたよ。ホッ。


DSC_9723.jpg

DSC_9724.jpg
おおー、巨大な堀切さんだ。


DSC_9729.jpg
その先は自然地形の尾根になってここまでが城域のようだ。


DSC_9730.jpg
とりあえず、その尾根から堀切を見下ろしてみた。


DSC_9736.jpg
さて、帰りは堀切から降りて谷間の参道を降りて行こう。


DSC_9737.jpg
注意深く進まないとよく分からなくなる。


DSC_9738.jpg
下の方まで来ると、こういった湿地帯になってる所もあるので注意が必要だね。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様
ここも例外でなく、車の止める場所がありませんでした。
だから初め行った時は、諦めて二回目に適当な場所に止めて行きました。

Re: No title

あらら。そーでしたか。。

私たちはタイミングよく止められたみたいですね。

他に止めるとなると川原の方ですかね。。