FC2ブログ

守谷城

                             2016. 7. 17茨城県守谷市にある守谷城は小貝川の作り出した低湿地帯に突き出す舌状台地にあり北方に筑波山を望んでいる。台地周縁部は人工か自然地形の折れが入り城全体が横矢を掛ける形状となっている。城は大きく分けて舌状台地の城山地区と台地基部に広がる城内地区とに分かれる。主郭から北側は自然地形を利用した感じだが、それより南以降の堀跡は幅も広く高低...

増尾城

                             2016. 7. 17千葉県柏市にある増尾城は戦国時代後半の築城形態を残しているが、当時の資料が残っていないので城主や築城の目的などは詳らかではない。しかし大正11年刊行の「土村誌」には、この山を城山と呼んでいた事、同12年に編纂された「東葛飾郡誌」では戦国時代、当地は小金領にあり小金城(松戸市)を本拠とする高城氏の家臣平川若狭守が城主であったと推...

粟野城

                             2017. 3. 5栃木県鹿沼市にある粟野城は南北朝時代に足利尊氏に従属していた平野将監範久により築城されたのが始まりとされる。戦国期になると後北条方の佐野氏の家臣となっていた平野大膳久国がこの地を治めていたが、天正3年(1575)に皆川氏の家臣斎藤秀隆により城を攻め落とされると久国は佐野へと逃れた。天正12年(1584)斎藤秀隆が皆川氏と共に後北条氏と戦っ...