FC2ブログ

菅原城

                            2018. 3. 13群馬県富岡市妙義町にある菅原城は、麓からの比高差は約 90 メートル、細長く伸びた尾根の先端にある中世の城です。馬の背中のような尾根を複数の「堀切」でたちわり、あるいは平坦に地ならしした「郭」をつくっています。これらは敵と戦う時の防御が考えられて配置され、一方で攻め込む敵に対しての攻撃も考えられているようです。菅原城は高田氏の城とい...

丹生城(にうじょう)

                            2016. 3. 13群馬県富岡市にある丹生城は、1425年足利持氏から地頭に任じられた岩松満長が築城したものと思われる。この岩松氏が先祖の新田氏を名乗ったと思われ、戦国中期の新田景純の時、この地で勢威を振るったが武田信玄の西上野侵攻により降伏、臣従して居を甲斐へと移したという。その後、丹生城は同じく武田に臣従している国峰城主の小幡氏に与えられ、国峰...

神成城

                            2016. 3. 13群馬県富岡市にある神成城は、国峯城主小幡氏の第二の支城であった宮崎城の詰め城として築かれたようです。宮崎城は西からの敵の侵入に対する守りを固める役割を果たしていた。争乱の時代の中で、西毛地区は武田氏や後北条氏の所領として変転しましたが、天正18年(1590)小田原征伐時に小幡氏は後北条方に付いたため豊臣秀吉配下の上杉景勝の軍勢に...

多気山城(たげさんじょう)

                            2016. 2. 16多気山城は栃木県宇都宮市の北西郊外にあり、多気城(たげじょう)とも呼ばれている。中世の頃に宇都宮城の支城として築かれたようで、戦国期の終わり頃になると宇都宮氏は小田原北条氏の進出に備え、堅固で大規模な山城に整備し、軍事的な本拠地にしたと云われている。現在、この城跡には、御殿平と呼ばれる多気山の頂上を中心に、多くの堀・土塁や曲輪と...