FC2ブログ

児山城(こやまじょう)

                                2015. 10. 18鎌倉時代後期に宇都宮頼綱の四男である多功宗朝が、その次男(三男?)朝定にこの地を分封し、築城したのが始まりとされる。永禄元年(1558年)上杉軍が多功城を攻めた際に、時の城主児山兼朝が上杉方の佐野豊綱と戦って討死し、児山城は廃城となったという。東側の空堀(だと思う)沿いに沿って南に進む。すると華蔵寺の入口横に二台程の駐車場が完...

小山城(祇園城)

                                2015. 10. 18小山城は祇園城とも呼ばれ、平安後期に藤原秀郷の後裔である小山氏によって築かれたのが始まりとされている。小山城は中久喜城、鷲城とならび、鎌倉時代に下野国守護を務めた小山氏の主要な居城であった。当初は鷲城の支城であったが、南北朝時代に小山泰朝が居城として以来、小山氏代々の本城となった。室町時代前期にかけて起こった小山義政の乱...

五覧田(ごらんだ)城

                                2015. 10. 4南麓の関守には50mの崖上に方20mの単郭があり、ここに関所が設けられ、この関所を防備する城として五覧田城が築かれた。後北条氏は、この城に阿久沢氏など在地土豪を配置した。天正二年(1574)三月に上杉謙信は、この城を攻略する。しかし、同年九月に北条方の由良国繁が五覧田根小屋を攻め落とし、立て籠っていた沼田衆300人を討ち取ってい...