FC2ブログ

上田藩主居館

                            2016. 6. 13当日、砥石城などを巡るオフ会の予定だったが、朝からずーっと雨だったので急遽傘をさして巡れるコースとなってしまったのであった。(だって梅雨じゃん)と言っても、この居館跡は雨の日コースにリストアップしてなくて、ここはフォロワーさんたっての希望で訪問することになったのだ。というわけで説明からだね、、上田市指定文化財   上田藩主居館表...

岡城

                            2019.. 4. 21長野県上田市にある岡城は武田信玄の家臣、馬場美濃守信房の縄張りにより、天文年間末に築城されたと考えられる。内堀・外堀の外に武田氏独特の三日月堀のある大規模な初期の平城である。天文22年(1553)村上義清の葛尾城(坂城町)を落としてから、永禄3年(1560)松代に海津城を築くまでの6年間、武田勢の川中島進出の貴重な前線基地であっ...

笹洞城(ささほらじょう)

                            2016. 3. 20長野県上田市にある笹洞城。天文年間(1532~1555)頃、この地を領有していた室賀氏により築城されたものと思われる。室賀氏は村上氏の勢力が増してくると、それに従っていたが、その村上氏が武田氏により信濃の地を追われると、武田氏に臣従することになる。天正10年(1582)武田家が滅亡し、織田信長が横死した事により勃発した天正壬午の...

荒砥城 (あらとじょう)

                            2016. 3. 20この地の豪族で村上氏の一族の山田氏の居城であった。村上氏の本城、葛尾城の支城としての役割を果たしていた。天文22年(1553年)には武田信玄により葛尾城が落城すると、武田氏に従った屋代政国の替え地として、荒砥城を与えられ屋代城から移った。天正10年(1582年)、武田氏が滅亡した後は、屋代秀正が上杉氏に従い海津城の副将として遇された。しかし...

岩崎城

                                2016. 3. 20岩崎城は葛尾城の西尾根下にあり、村上義清を追い落とした武田晴信により、西側の備えとして整備されたとも云われている。葛尾城の主郭南側の堀切まで戻る。その堀切を西側へと降りる。案内板には磯部方面降り口と書いてあるね。それにしても、人が通ってなさげだな。かろうじて分かるくらいだ。しかし、虎ロープがあるので迷わないけどね。コース...