FC2ブログ

赤壁城

                            2016. 2. 7栃木県栃木市にある赤壁城は真名子城とも呼ばれ、宇都宮元網の築城と云われている。戦国時代には皆川氏の最前線として指呼の距離の宇都宮氏の西方城と対峙していた。山頂に主郭を置き、尾根筋には曲輪や堀切を配置し、南西に伸びる尾根の先端には巨大な二重堀切を設けている。西側麓には根小屋という地名が残っているが、これは城に付属する人々の居住地と考...

花園御岳城(はなぞのみたけじょう)

                         2016. 1. 17埼玉県寄居町にある花園御岳城は花園城の北西に位置し、花園城の背後を守るための支城として築れたようだ。花園城からも指呼の距離にあるので、一緒に訪城すると効率がいいね。まずは城山の南東側にある少林寺を目指す。そして広い少林寺駐車場に車を置いて、さて、レッツゴーだよん。本堂の左脇を進んで行く。すると円良田湖へと向かう遊歩道が山上へと延びてい...

正龍寺

北条氏邦夫妻と藤田康邦夫妻の墓地を巡って埼玉県大里郡寄居町藤田にある正龍寺は、花園城の東に位置している。まずは、藤田康邦さんの説明からです。藤田氏は武蔵七党のひとつである猪俣党の出で、戦国期になると山内上杉氏の重臣として活躍していましたが、後北条氏により山内上杉氏が追われると当主であった藤田重利(後の康邦)は降伏し、後北条氏の軍門に降る事になります。このとき、北条氏康の四男・乙千代丸(氏邦)に娘・...

花園城

                            2016. 1. 17埼玉県寄居町にある花園城は武蔵七党のひとつである猪俣(いのまた)党の藤田氏の居城と伝えられています。戦国期になると藤田氏は山内上杉氏の重臣として活躍していましたが、後北条氏により上杉氏が追われると当主であった藤田重利(後の康邦)は降伏し、後北条氏の軍門に降る事になります。このとき、北条氏康の四男・乙千代丸(氏邦)に娘・大福御前を娶...

天正壬午の乱の序章 神流川の合戦ゆかりの地を訪ねて

                            神流川合戦地巡り 群馬県高崎市と埼玉県本庄市の県境を流れる神流川。歴史上では激動の年と云われる天正10年に、ここで関東最大級の大戦があったのだ。 まずは天正10年(1582)から時系列で紐解いていこう。 3/11   織田信長が信濃・甲斐に侵攻し、天目山の戦いで武田勝頼を自害に追い込む。(武田家の滅亡) 3月下旬  滝...