FC2ブログ

鶉古城(うずらこじょう)

                            2016. 6. 19群馬県邑楽郡邑楽町にある、多々良沼に突出した「荒間崎」と呼ばれた半島部に築かれた城である。城名については葵下坂といわれた幕府御用鍛冶康継二代の弟が、この地に住み脇差に「鶉古城打」という銘を残しているところから江戸初期、すでにこの名称が使われていたものであろう。城跡西南端に当たる入口の道路付近から、半島部を横断するように北に向かっ...

館林城

                              2016. 6. 19群馬県館林市にある館林城は、城沼を自然の要害とした平城で、別名を「尾白城」という。その形態は城沼を城の東側の外堀とし、この沼に突出する低台地を区切って本丸、二の丸、三の丸、八幡郭、南郭を置き、これを取り囲むように稲荷郭、外郭、惣曲輪を構え、更にその西方の台地に城下町を配置し、その全てを土塁と堀によって囲んでいた。築城時期や築...

染屋城

                            2016. 6. 13長野県上田市にある染屋城は「大熊屋敷」とも呼ばれ、真田昌幸の家臣・大熊氏が上田城の東の守りを固めるために配置された城館と考えられます。豊染英神社が祀られる主郭には土塁が残り、その東側は空堀になっています。二の郭には帯郭を設け、その先は急な崖が要害となっています。第二次上田合戦の際に徳川秀忠は染屋台に着陣したとされ、眼下に上田城下...

上田藩主居館

                            2016. 6. 13当日、砥石城などを巡るオフ会の予定だったが、朝からずーっと雨だったので急遽傘をさして巡れるコースとなってしまったのであった。(だって梅雨じゃん)と言っても、この居館跡は雨の日コースにリストアップしてなくて、ここはフォロワーさんたっての希望で訪問することになったのだ。というわけで説明からだね、、上田市指定文化財   上田藩主居館表...

岡城

                            2019.. 4. 21長野県上田市にある岡城は武田信玄の家臣、馬場美濃守信房の縄張りにより、天文年間末に築城されたと考えられる。内堀・外堀の外に武田氏独特の三日月堀のある大規模な初期の平城である。天文22年(1553)村上義清の葛尾城(坂城町)を落としてから、永禄3年(1560)松代に海津城を築くまでの6年間、武田勢の川中島進出の貴重な前線基地であっ...